5月のかざぐるま行事はこんなことをしました

5月19日(土)

~イベント「ソフトボール大会」~

「ひびき」の皆さんとの交流試合に出かけましたが、かざぐるまからの参加者はたった3名…。内1名は応援だったため、実際に競技に参加できたのは2名だけでした。これでは試合にならないため、今回は勝ち負けを気にしない混合2チームを結成。職員も加わりました。どちらのチームからもボールが飛ぶ度に歓声が上がるなど盛り上がりを見せ、怪我人も出ず、楽しいひと時を過ごすことができました。

 

4月のかざぐるま行事はこんなことをしました

4月14日(土)

~季節の行事「旬の食材を使ったスイーツを作ろう」~

当初の予定では地域清掃に出かけることになっていましたが、雨天のため28日(土)に予定していた行事と入れ替えに。旬の食材を使ったおやつを作りました。調理を進める皆さんに「旬の食材は何が登場すると思いますか?」と質問すると、「今の季節ならイチゴでしょ!! イチゴがいいな」との返答が。パンケーキとチーズケーキが少しずつ出来上がっていく中、旬の食材はまだか、まだかと待っていると、登場したのはなんと・・・「イチゴとベリーのソース」でした。それを完成したパンケーキにかけて旬を味わうという、なんとも面白い展開に。本物のイチゴは値段がはって手が出せなかったというスタッフの本音に、皆で笑いました。ソースでも味はよく、調理中も終始和気あいあいとした雰囲気に包まれていたので、楽しい時間を過ごすことができました。生地を混ぜる時、ボールが動かないように横からスッと手をそえる仲間の優しさ、とっても良かったです。

 

4月21日(土)

~イベント「オカリナコンサート」~

オカリナサークル「ジュピター」の皆さんをお招きし、「リンゴの歌」「花は咲く」「およげたいやきくん」など全12曲を披露して頂きました。懐かしい曲の数々に昔を思い出し、自然と歌い始める方や手拍子を始める方がみえ、それが全体に広がると会場は一体に。オカリナの音色が作り出す素敵なハーモニーに「心地よい音楽だった」「初めてオカリナの音色を聞いた。思ったより音が大きくて驚いた」などの感想が聞かれ、癒しのひと時はあっという間でした。

 

4月28日(土)

~奉仕活動「地域清掃」~

ゴミ袋とトングを手に持ち、地域清掃に出かけました。コースは前回と同じ津保川沿いの土手を中心に。数か月間でまた新たなゴミが捨てられている現実に少し悲しくなりましたが、参加してくださった皆さんが懸命に、タバコの吸い殻や飴の包み紙といった小さなゴミも見逃さず拾う姿に、同行したスタッフは感心するばかりでした。春の日差しの中で心地よい風が吹いており、軽めの散歩にもなったかと思います。お世話になっている地域を綺麗にできて良かったですね☆ ご協力、ありがとうございました。

 

3月のかざぐるま行事はこんなことをしました

3月10日(土)

~ゲーム大会「宝探し」~

かざぐるま初の試み「宝探し」を行いました。かざぐるまフロアは広く、一見、宝を隠せそうな場所がたくさんあるかと思いきや… 実はその広い空間の中に置かれている物は少なく、隠し場所を探すスタッフは一苦労。しかし、参加者の皆さんが次々に宝を見つけ、「あった!」と笑顔でお互いの宝を見せ合う姿はとても楽しそうで、苦労した甲斐がありました。

宝探しだけでは時間が余ってしまうことが予想されたため、前もってクロスワードパズルを用意。オリンピックにちなんで、冬のスポーツを題材にしたものを選びました。「イメージはできているのに言葉が出てこない」というクロスワードあるあるにはまり、苦戦する方もみえましたが、スタッフがヒントを出すと「あっ!」とひらめき、最後には参加者全員が時間内にクリアすることができました。良い頭の体操になったのではないかと思います。

 

3月17日(土)

~奉仕活動「地域清掃」~

今年度最後の地域清掃を行いました。前日は雨降りだったため延期になるかと心配していましたが、当日は動くと汗が出るようなポカポカ陽気で、見頃を迎えている梅やもうすぐ咲きそうな桜を見ながら津保川沿いを歩きました。

日頃お世話になっている地域を少しでも綺麗にしようと集まってくださった方はなんと…2人。ちょっと寂しかったですが、職員2人も加わって4人でゴミを拾いました。ガムの包み紙やたばこの吸い殻といった細かいゴミまで見つけ、時間いっぱい黙々と清掃を続けてくださったお2人に、心から感謝を伝えたいと思います。

来年度も地域清掃は定期的に開催予定です。1人でも多くの方にご参加いただければと思っていますので、お時間のある方は是非お越しください。よろしくお願いします。

 

3月24日(土)

~食事作り「おにぎらず」~

その言葉通り、にぎらずに作る「おにぎらず」に初挑戦!! お肉と野菜たっぷりの「焼肉おにぎらず」とトロトロふわふわの卵が美味しい「オムレツおにぎらず」の2種類を作りましたが、日頃から自炊をしている参加者さんが多く、野菜を切ったり卵やお肉を焼いたりという調理は手際よく進みました。ラップの上に焼き海苔を置き、その上にご飯、その上に具材とのせていく作業は、おにぎりというより巻き寿司を作っているような見た目で面白かったです。出来上がったおにぎらずを包丁で半分に切ってみると、綺麗な切り口が現れ「美味しそう!!」という声が思わず出てしまう程。余ったレタスでシャキシャキ食感を楽しむことができる「豆腐とレタスのお吸い物」も作り、ボリューム満点の昼食が完成しました。簡単だったので、具材を変えて自宅で作るのも楽しいかもしれませんね。

 

3月31日(土)

~職員企画「桜練りきりを作ろう」~

春といえば「桜」ですね。今回はピンク色のかわいい「桜練りきり」を作ってみることにしました。最初に、白玉粉に水を加えて求肥を作りましたが、水加減が難しく固まらなくなってしまったため、急きょ求肥を使用したお餅を作り、それで白あんを包むことにしました。包む作業は参加者全員が挑戦。求肥が柔らかく手についてしまうため、皆さん苦戦されていましたが、時間内に何とか完成しました。「甘すぎる」との感想もありましたが、美味しく頂きました。

練りきりを作った後は、天気も良く桜も満開で見頃だったため、散歩を兼ねて皆で花見に出かけることに。青空に桜のピンクがよく映えて綺麗でした。道の両側に桜が咲いている道を歩くと、まるで桜のトンネルをくぐっているようで優しい気持ちになりました。

 

2月のかざぐるま行事はこんなことをしました

2月10日(土)

~食事作り「餃子(ギョウザ)」~

今回は熱々ジューシーな手作り餃子に挑戦しました。

みじん切りにした野菜とひき肉を混ぜて下味をつけ、それを何回かこねたら餡は完成。餡が出来上がったら、餃子作りの目玉とも言える「餡を皮で包む作業」の開始です。綺麗なヒダを作りながら餡を包む作業は難しそうなイメージがありますが、餡の入れすぎに注意して1個1個丁寧に包んでいけば大丈夫。皆さん、慣れた手つきで次々に餃子を並べていました。

フライパンでカリッと焼けば美味しい餃子の出来上がり。「餃子のお供にはやっぱりご飯が欠かせない!!」ということで、炊き立てご飯と野菜たっぷりの豚汁も作りました。

市販されている焼くだけ簡単の餃子も良いですが、餡から手作りした餃子は一段と美味しかったですね。

 

2月17日(土)

~おやつ作り「饅頭(マンジュウ)」~

ケーキやプリンなど、かざぐるまでは洋菓子作りが人気ですが、今回は和菓子の代表である「饅頭」を2種類作りました。まずは、ホットケーキミックスとサイコロ状にカットして加熱したさつまいもを混ぜて作った「鬼饅頭」から。簡単な工程でスムーズに出来上がりました。次に、こし餡をたっぷり入れた「饅頭」を作りましたが、生地作りの際の水加減に苦戦。生地に粘りが出てしまい、餡を包む作業はその粘りと戦いながら、餡がはみ出ないようにしなければならず、綺麗に包むのは至難の業でした。蒸す時間も予定より30分以上余分にかかってしまい、食べるのが遅くなってしまいましたが、味は「美味しい!!」と高評価。参加者は4名と寂しかったので、次回は1人でも多くの方に参加して頂ければと思います。

 

2月24日(土)

~ゲーム大会「ビンゴ」~

久しぶりに開催した「ビンゴ」。ゲーム開始時間にフロアに集まった参加者は2名でしたが、スタッフの声かけに「やってもいいよ」と加わってくださる方がおり、最終的には8名+スタッフ1名で行うことができました。通常ルールではあっという間に終わってしまうことが予想されたため、「3つビンゴができたら上がり」というかざぐるま特別ルールを採用。1つビンゴができても、まだ2つ足りないというのは悔しさの中に面白さがあり、いつも以上の盛り上がりを見せました。最初はスムーズに開いたのに途中でストップがかかる方、最初は全然開かなかったのに途中から一気に開き始める方、静かにリーチを積み重ねる方など、ビンゴに至るまでの流れも様々で、歓声や悲鳴が飛び交う場面もありました。上がった順に行う景品選びでは、袋の大きさや形から中身を想像するという楽しさがあり、最後まで和気あいあいとしたゲーム大会となりました。

 

 

copyright 医療法人 明萌会 allright reserved.